国内・海外から仕入れたマジック・手品グッズも多数販売!

検索
新着商品
全商品一覧
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
SEO MAGIC USA

トップ > 全商品一覧 > MFオリジナルギャフデックVol.1

MFオリジナルギャフデックVol.1

MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1
MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1 MFオリジナルギャフデックVol.1
拡大画像
製造元 : マジックファンタジア
価格 : 5,000円(税込5,500円)
ポイント : 50
数量
 

11,000円未満は600円、11,000円以上は送料無料

かごに入れる
マジックファンタジアオリジナルのギャフカードのセットです!
バイスクルのライダーバック(赤裏/青裏)のギャフカードが56枚1デックです。
解説DVDでは100手順を解説!


ギャフカード、ギャフデックは大変人気があり、様々なメーカーから販売されてきました。
今回、今までになかった、とってもユニークでとっても実用的なギャフカードをまとめたデックを製作いたしました。
全て手順から考えて製作されたギャフカードですので、今までのような意味のないカードは一切ありません。
全て使える完璧なギャフデックです。


それぞれ商品として今まで販売されていたものもあり、全て商品として販売したら、3万円以上にもなります。

こちらはVOL.1です。
ギャフデックはもともとユニークなデザインのカードですが、比較的ビジュアルでノーマルデザインのカードをメインに製作したものになります。
そして、今まで無かった、バイスクルデザインの星座カードも入っています。
12枚の星座カードだけでも、たくさんの手順が演じられます。
コインのイラストカード、血液型カード、クレジットカードデザイン、その他たくさんのギャフカードが56枚もセットされています。

3枚組のDVDになんと、100種類もの手順を解説しています。
それだけではありません。
手順に使用されている技法、テクニックも全て詳細に解説しています。
ビジュアルで効果的な手順を習得すると同時に、様々なカードマジックで使える技法やテクニックも覚えましょう!

〈解説DVD収録内容〉
DISC.1  30手順
●500円玉のカード当て
デックから1枚のカードを選んでもらい、サインしてもらいます。
サインカードはデックに戻します。
500円玉を取り出して、デック叩きつけます。
すると、500円玉が消えてしまいます。
デックを広げていくと、デックの裏に500円の玉のイラストが現れます。
このカードがサインカードです。
さらに、イラストになった500円玉が本物の500円玉になって飛び出してきます。
もちろん、カードからイラストは消えています。

●500円玉の出現
デックから1枚のカードを表向きで選んでもらいます。
選んだカードを確認すると、500円の玉のイラストが現れます。
さらに、イラストになった500円玉が本物の500円玉になって飛び出してきます。
もちろん、カードからイラストは消えています。

●3Dコイン・1
カードにデザインされた絵のコインが本物になって出てきます。

●3Dコイン・2
カードにデザインされた絵のコインが本物になって出てきます。
デックを使った方法です。

●トリプル・3Dコイン
500円、100円、10円の3枚のイラストが描かれたカードを示します。
突然、3枚の本物のコインが出現します。
カードを確認すると、3枚全てのコインのイラストが消えてしまっています。

●2Dコイン
両面が真っ白なカード1枚と、1枚のコインを示します。
コインをテーブルの上に置いて、カードでカバーします。
すると、コインが消えてしまいます。
コインは消えたのではなく、カードに絵になってしまったのです。

●3コインマッチ
500円、100円、10円の3枚と3枚の白いカードを使います。
まず、観客に自由に1枚のコインを選んでもらいます。
そして、3枚のカードから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードの上に選んだコインを乗せます。
残った2枚のコインから1枚選んでもらい、もう1枚のカードの上に乗せます。
残った1枚のコインは残った1枚のカードの上に乗せます。
3枚のカードの表を確認すると・・・
全てのコインの絵がカードに印刷されています。

●ピックポケット

500円の絵が書かれた4枚のカードを示します。
1枚の白いカードはテーブルに裏向きで置いておきます。
4枚のカードから次々に500円が消えていきます。
4枚の500円全てが消えて、テーブルに置いた白いカードを見ると、4枚の500円が移動して集まっています。

●リアルコイン
3枚の白いカードを示します。
1枚のカードに突然、500円の絵が現れます。
そして、500円の絵が本物の500円になって出現します。

●ワイルドコインカード
3枚のカードを使います。
2枚は白いカードで1枚は500円の絵が印刷されたカードです。
白いカードに500円のイラストが印刷されていきます。

●コピーコイン
6枚の表が印刷されていない白いカードを使います。
10円、100円、500円の3枚のコインを示します。
コインをカードに合わせると、カードにコインがコピーされていきます。
6枚のカード全てにそれぞれのコインがコピーされます。

●コインの予言
マジシャンは1枚のコインを予言として手に握っています。
10円、100円、500円の3枚のコインが印刷されたカードを示します。
観客に混ぜてもらい、裏向きで並べてもらいます。
そして、観客に1枚のカードを裏向きのまま選んでもらいます。
この選んだカードのコインとマジシャンが握っていたコインが一致します。

●コインinカード・1
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
500玉を手に握り、選んだカードを叩きつけます。
すると、カードに500円が入り込んでしまいます。

●コインinカード・2
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
500玉を手に握り、デックに叩きつけます。
カードを確認すると、選んだカードに消えた500円が入り込んでしまいます。

●プリントコイン・1
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
1枚の500円玉が印刷されたカードを取り出して示します。
選んだカードと500円のカードを合わせると・・・
1枚のカードに融合してしまいます。

●プリントコイン・2
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
1枚の真っ白なカードを示します。
選んだカードの中央に500円玉を置いて、白いカードを重ねます。
すると、白いカードにカードも500円も印刷されてしまいます。

●サーカスジョーカー
4枚のジョーカーを使います。
裏向きの中で1枚だけ、表向きのジョーカーがあります。
ジョーカーが1枚ずつ表向きになっていき、4枚すべて表向きになります。
1枚のジョーカーを裏向きにすると、全て裏向きになります。
今度は1枚だけ表向きにすると、表、裏、表、裏と交互になってしまいます。
表向きの2枚のジョーカーを使います。
1枚のジョーカーを裏向きでテーブルに置きます。
もう1枚のジョーカーでテーブルに置いたジョーカーに叩きます。
すると、1枚のジョーカーから王様が消えて、自転車だけなってしまいます。
もう1枚のジョーカーは・・・?
なんと、2人の王様が自転車に乗っているのです!

●カップリング・ジョーカー・1
2枚のジョーカーを示します。
ジョーカーは王様が自転車に乗っているデザインのカードです。
2枚のジョーカーを重ねておまじないをかけます。
すると、1枚のジョーカーから自転車と王様が消えてしまいます。
もう1枚のジョーカーは・・・?
なんと、自転車に乗った王様が2人になっています。

●カップリング・ジョーカー・2
4枚のジョーカーを示します。
ジョーカーは王様が自転車に乗っているデザインのカードです。
1枚のジョーカーをテーブルに裏向きで置きます。
2枚のジョーカーの間に1枚のジョーカーを挟んで弾きます。
すると、ジョーカーの自転車と王様が消えてしまいます。
テーブルに出したジョーカーを確認すると、自転車に乗った王様が2人になっています。

●ジョーカーのカード当て
1枚のジョーカーを示して、テーブルに裏向きで置いておきます。
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
ジョーカーを確認すると、観客の選んだカードを手に持っているのです。

●カードinジョーカー
1枚のジョーカーを示して、テーブルに裏向きで置いておきます。
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードが真っ白になって、ジョーカーに小さくなって飛び移ってしまいます。

●キス・オフ
デックを取り出して、表・裏ともによく示します。
次にジョーカーを取り出して、テーブルに裏向きにして置いておきます。
お客様にまったく自由に1枚のカードを選んでサインをしてもらい、デックに戻してもらいます。
ここで、お客様にデックに向かって投げキッスをしてもらいます。
デックを裏向きの状態で広げていくと・・・キスマークの付いたカードが現れます。
そのカードを表向きにすると、間違いなくお客様の選んだカードなのです。
さらにそのカードでテーブルに置いたジョーカーを叩くと・・・
ジョーカーにキスマークが移動してしまいます。
もちろん、お客様のカードからはキスマークが消えています。

●フォーエース・アッセンブリー・1
4枚のAを示します。
4枚のAをテーブルに裏向きで並べます。
おまじないをかけると、ダイヤ、クラブ、ハートのAがピプスが消えて0になってしまいます。
スペードのAを確認すると、消えた3つのピプスが集合しています。

●フォーエース・アッセンブリー・2
4枚のAを示します。
3枚のAをテーブルに裏向きで並べます。
スペードのAは手に持ち、おまじないをかけると・・・
ダイヤ、クラブ、ハートの3つのピプスが集まってしまいます。
テーブルの3枚のAを確認すると、ダイヤ、クラブ、ハートのAがピプスが消えて0になってしまいます。

●ジャンピング・ピプス・1
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
カードを当てようとしますが、外れてしまいます。
そこで、外れたカードをテーブルに裏向きで置いておきます。
そして、もう1枚の別のカードを取り出します。
ピプスが1つだけ多かったようなので、このカードで吸い取ってしまいます。
そして、見事に選んだカードに変化しました。

●ジャンピング・ピプス・2
デックから2枚のカードを抜き出します。
ハートのAとクラブの4です。
ハートのAのピプスがクラブの4の中央に移動してしまいます。
ハートのAはハートの0になってしまいます。

●マッチングロイヤル・1
スペードのKとハートのQを使います。
2枚のカードを表同士で合わせておまじないをかけます。
すると、ハートのQの半分がスペードのKに移動してしまいます。

●マッチングロイヤル・2
スペードのKを示して、テーブルに裏向きにして置きます。
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
ハートのQです。
このハートのQでテーブルのスペードのKにおまじないをかけます。
すると、ハートのQの半分がスペードのKに移動してしまいます。

●クレイジー・チョイス
10、J、Q、K、Aの5枚のカードを示します。
5枚のカードは表と裏を完全によく見せます。
もう一度、5枚のカードを広げて示しカードを揃えます。
そして、瞬間に5枚のカードは4枚のAに変化するのです。

●オーバーサイト
全く異なる5枚のカードを示します。
観客に自由に1枚のカードを心に思ってもらいます。
マジシャンは観客が心に思ったであろう1枚のカードを取ります。
これがズバリと当たります!?
なぜならば・・・?


DISC.2  33手順
●フュージョンカード
観客の選んだ2枚のカードが一瞬で1枚のカードに融合してしまいます。

●インク・フライト
デックから1枚のカードを選んでもらい、裏向きで手でしっかりと押さえていてもらいます。
もう1枚のカードを選んでもらいます。
観客がしっかりと押さえているカードへこのもう1枚のカードが飛行する・・・と説明しますが・・・
意外な形で飛行します。

●パラレル
カードを1枚選んでもらい、2人の観客にカードをしっかり覚えてもらいます。
1枚のカードを抜き出して出します。
2人の観客に覚えたカードを言ってもらいますが、2人の答えが違っています。
カードを見ると、2人の観客が答えた2枚のカードが1枚にプリントされています。

●ラッキーモンテ
お馴染みのモンテ現象のオチにこのカードを使った効果的な手順です。
2枚が同じカードで1枚が異なるカードです。
この1枚のカードを当ててもらいますが、当てられません。
そこで、2枚のカードを示して、残ったカードを当ててもらいます。
すると・・・

●プリンティング
2枚のカードが1枚のカードに印刷されてしまいます。
印刷されたカードは真っ白に!!!

●WOW!WOW!
世界的に大ヒットしたあの「WOW!」を使った超ビジュアル手順です。
WOW!をお持ちの方は絶対に演じたくなります。

●ハート・ブレイク・1
ハートのAの中央のピプスが割れてしまいます。

●ハート・ブレイク・2
1組のカードから1枚のカードを選んでもらいます。
おまじないをかけて、カードを裏向きに広げると・・・
なんとお客様の選んだカードだけが、表向きに出現します。
さらに表向きになったカードを抜き出して、裏向きにして持ち、お客様にカードを叩いてください、と言い、カードを叩いてもらいます。
カードを表向きにすると・・・
びっくり!
選ばれたハートのAの中央のピプスが割れてしまいます。

●パレット・フュージョン
2枚のカードを使います。
2枚のカードを擦り合わせると、1枚のカードに融合してしまいます。

●2枚のカード当て
1組のデックから2枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードはデックの好きなところに差し込んで戻してもらいます。
おまじないをかけると、1枚目のカードがデックの中で表向きになって現れます。
さらに、もう1枚のカードもデックの中で表向きになって現れます。

●オイル&ウォーター
6枚のカードを使います。
黒いカードが3枚、赤いカードが3枚です。
赤と黒のカードを交互にします。
しかし、瞬間に赤と黒に分かれてしまいます。

●最後の選択
予言のカードを出します。
シャッフルしたデックからカードを配っていき、観客に自由にストップを言ってもらいます。
そして、2つの山に分けて、最後の選択をしてもらいます。
この自由に選んだカードが予言と一致します。

●ジェンダーモンテ
3枚のカードを使ったモンテマジックです。
2枚は赤い絵札で1枚黒い絵札です。
この1枚の黒い絵札を当ててもらいますが、当てることができません。
最後は全て赤い絵札になってしまいます。

●オイル&キング

8枚のエースとキングが交互に混ざり合っている事を示します。
4枚のカードをテーブルに置き、残りの4枚のカードをもう一度見せて、確かにエースとキングが交互に混ざり合っている事を示します。
次の瞬間、4枚のカードはすべてエースになってしまうのです。
お客様に「テーブルのカードは?」と聞くと必ず「キング」と答えが返ってきます。
そしてカードを表向きにすると、確かにキングですが・・・
それぞれのキングが大変なことになっています。
キングには別の職業があったのです。

●変身キング・1
4枚のキングを示します。
おまじないをかけると、4枚のキング全てが変身してしまいます。

●変身キング・2
4枚のカードを示します。
1枚だけ表向きのキングがあります。
このキングはキャラクターのキングです。
おまじないをかけると、キングが変身していきます。
最後に4枚のキング全てが表向きになります。
さらに、4枚のキングの裏が全て変化します。

●侍キング・1
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードはデックに戻します。
1枚のキングを示し、おまじないをかけると侍に変化します。
そして、侍に変化したキングでデックを切りつけるジェスチャーをします。
すると、カードのコーナーが切れて飛び出してきます。
カードを確認すると、観客のカードのコーナーが切れています。

●侍キング・2
デックから1枚の侍のカードを取り出します。
デックから1枚のカードを選んでもらい戻します。
そして、侍のカードでデックを切りつけるジェスチャーをします。
デックを広げると、侍に切られた赤いカードが出てきます。
カードを確認すると、観客の選んだカードです。

●スーパーキング・1
観客の選んだカードがデックの中ほどに入れても何度も上に上がってきます。
最後は観客にやってもらっても上がってきますが・・・
なんと、カードがスーパーマンに変化しています。
スーパーマンだったからすぐに上に上がってきていたのです。

●スーパーキング・2
デックから1枚のカードを選んでもらい、デックの中ほどに戻します。
デックから選んだカードが飛んできます。
カードはスーパーマンのイラストに変化しています。

●スーパーキング・3
デックから1枚のカードを選んでもらい、デックの中ほどに戻します。
デック全体を輪ゴムで固定します。
すると、デックから選んだカードが飛んできます。
カードはスーパーマンのイラストに変化しています。

●ポリスカード当て
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードはデックに戻します。
キングとクイーンを示し、おまじないをかけると2枚のカードは警察官に変化します。
そして、この2枚の警察官のカードが観客のカードを捕まえに行きます。

●警官と囚人
2枚の警官のイラストのキングと1枚の囚人のイラストのジャックを使った手順です。
囚人のカードが逃げていきましたと言い、デックの中に入って混ぜてしまいます。
しかし、2枚の警官のカードが瞬時に捕まえてしまいます。

●囚人カード・1
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードが消えてしまい、ケースの中から出てきます。
そして、カードは囚人になっています。

●囚人カード・2
デックから1枚の囚人のカードを示します。
デックに戻してシャッフルして輪ゴムで固定します。
そして、輪ゴムを手にかけます。
すると、瞬間に手に輪ゴムで囚人のカードが固定されてしまいます。

●囚人カード・3
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードをしっかりと手で押さえていてもらいます。
マジシャンはこの状態で選んだカードを捕まえると言います。
しかし、カードは観客の手の下にずっとあります。
マジシャンはもう捕まえたと言います。
カードを確認すると・・・
囚人のイラストになって確かに捕まっているのです。

●マジシャンキング
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードはデックに戻します。
キングを示し、デックの中に観客に差し込んでもらいます。
デックを広げと、キングが表向きになって現れます。
そして、その隣のカードが観客の選んだカードです。
なぜ、このようにキングがカードを当てられるかというと・・・
キングはマジシャンだったからです。

●エスケープ・キング
マジシャンのイラストのキングを示します。
デックに入れて混ぜてしまい、さらにケースに入れます。
しかし、瞬間にケースから脱出します。

●人体交換
マジシャンとアシスタントのイラストのカードを使います。
マジシャンのイラストのカードをケースに入れて、アシスタントのイラストのカードをケースの上に乗せます。
瞬間にケースの上のカードがマジシャンのカードに
ケースの中からはアシスタントが出てきます。

●消えるアシスタント
マジシャンとアシスタントのイラストのカードを使います。
マジシャンのイラストのカードでアシスタントのカードにおまじないをかけます。
すると、アシスタントは消えてしまいます。
消えたアシスタントは再び出現します。

●伸びるアシスタント
アシスタントのイラストのカードを使います。
観客の選んだ2枚のカードでアシスタントのカードを挟みます。
すると、アシスタントのカードが伸びてしまいます。
再び元に戻ります。

●アシスタントのカード当て・1
アシスタントがカードを当ててくれると説明して、アイスタントのイラストのカードを示して、テーブルに裏向きで出します。
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
アシスタントのカードを見ると・・・
手に1枚の小さなカードを持っています。
もちろん観客の選んだカードです。

●アシスタントのカード当て・2
アシスタントがカードを当ててくれると説明して、アシスタントのイラストのカードを示して、テーブルに裏向きで出します。
デックから1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードはデックに戻します。
デックを弾いていき、アシスタントのカードを差し込みます。
アシスタントのカードを見ると・・・
手に1枚の小さなカードを持っています。
もちろん観客の選んだカードです。


DISC.3 37手順
●血液型予言 
予言の入った封筒を示します。
観客に血液型を尋ねます。
封筒からカードを取り出します。
カードは4枚あり、観客の言った血液型だけが表向きになっています。
4枚全てのカードを完全に見せることができる新しいアイデアです。

●血液型当て・1
4枚の血液型のデザインがされたカードを使います。
観客に自由に1枚のカードを選んでもらい、裏向きの中で唯一表向きになるように戻してもらいます。
そして、輪ゴムで固定してもらいます。
この間、マジシャンは後ろを向いていて全く見ません。
しかし、どのカードをひっくり返したか、すぐに当てることができます。

●血液型当て・2
4枚の血液型のデザインがされたカードを使います。
観客に自由に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを戻してもらい混ぜてもらいます。
マジシャンはカードを受け取り、選んだカードを当ててしまいます。

●血液型当て・3
4枚の血液型のデザインがされたカードを使います。
観客に自由に1枚のカードを選んでもらいます。
残ったカードは隠してもらいます。
選んだカードは別の観客に見えないようにして持っていてもらいます。
この状況でカードを言い当ててしまいます。

●血液型当て・4
4枚の血液型のデザインがされたカードを使います。
観客に自由に1枚のカードを選んでもらいます。
観客に血液型を言っていき、全て「いいえ」で答えてもらいます。
マジシャンはどこで嘘をついたか見抜いて、血液型を言い当ててしまいます。

●血液型当て・5
4枚の血液型のデザインがされたカードを使います。
観客に自由に1枚のカードを選んでもらいます。
4枚のカードは観客自身によく混ぜてもらいます。
そして、カードを返してもらったら後ろ手に持っていき、カードを一切見ることなく当ててしまいます。

●相性診断
4枚の血液型のデザインがされたカードを使います。
観客に大切な人の血液型を尋ねます。
そして、4枚のカードから自由に1枚選んでもらいます。
そのカードが先ほどの大切な人の血液型になっています。

●観客が当てる血液型
4枚の血液型のデザインがされたカードを使います。
4枚のカードをよく混ぜてもらいます。
そして、観客にマジシャンの血液型であろうカードを自由に1枚とってもらいます。
その血液型のカードがまさにマジシャンの血液型なのです。

●お札とカード・1
デックと4枚のお札を使います。
デックからカードを配っていき、3つの山を作ります。
観客に1枚のお札を好きな山の上に乗せてもらいます。
乗せたカードとお札は残ったデックに合わせます。
続けて2回行います。
最後にデックからカードを配っていき、好きなところでお札を乗せてもらいます。
お札と隣り合ったカードを出します。
そのカードは全てお札と相性のいいカードだと言います。
そうです。
4枚のカードは全てクレジットカードになっているのです。

●お札とカード・2
デックを4つの山に分けます。
観客に全く自由に1つの山を選んでもらい、お札を乗せてもらいます。
選ばれなかった3つの山のトップカードを確認します。
普通のカードです。
しかし、観客の選んだカードはクレジットカードになっています。

●お札とカード・3
よくシャッフルしたデックを観客に渡して、テーブルに1枚ずつ好きなだけ配ってもらいます。
配るのをやめたら、1枚のお札を乗せます。
さらに残ったデックを重ねます。
お札の両隣のカードを確認すると、クレジットカードのデザインになっています。

●お札とカード・4
4枚の印刷する前の白いカードを示します。
1枚の白いカードをテーブルに置きます。
観客からお札を1枚借りて小さく折りたたみ、テーブルのカードに叩きつけます。
すると、お札は消えてしまいます。
カードを確認すると、クレジットカードになっています。

●お札とカード・5
よくシャッフルしたデックを観客に渡して、全く自由に1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードは1枚のお札とクリップで固定します。
選んだカードを確認すると、クレジットカードになっています。

●お札とカード・6
よくシャッフルしたデックから、全く自由に4枚のカードを選んでもらいます。
選んだ4枚のカードはテーブルに並べます。
1枚カードをお札とクリップで固定します。
おまじないをかけると、クレジットカードになっています。
さらに残りの3枚のカードもクレジットカードに変化してしまいます。

●お札とカード・7
4枚のクレジットカードのデザインされたカードを示します。
1枚のカードを裏向きにすると4枚全て裏向きになります。
さらに、1枚のカードが真っ白になってしまい、本物のお札が出てきます。

●リアル・クレジットカード
2枚のクレジットカードのデザインのカードから本物のお札が出てきます。

●ツイスト・クレジット
4枚の白いカードを示します。
おまじないをかけると、白いカードが1枚ずつ裏向きになっていきます。
4枚全てが裏向きになります。
さらに、4枚全てのカードがクレジットカードのデザインに変化します。

●ロト・クレジット
6枚のカードをテーブルに並べます。
観客に全く自由に1枚のカードを選んでもらいます。
残った5枚のカードを確認すると、全て真っ白なカードです。
観客が自由に選んだカードはクレジットカードのデザインのカードになっています。

●クレジットtoビル・1
クレジットカードのデザインされたカードが本物のお札に変化します。

●クレジットtoビル・2
クレジットカードのデザインされたカードが本物のお札に変化します。

●クレジットtoビル・3
クレジットカードのデザインされたカードが本物のお札に変化します。

●クレジットtoキャッシュ
4枚のクレジットカードのデザインされたカードを示します。
おまじないをかけると、10円玉のデザインされたカードが現れます。
さらに、100円玉、500円玉とデザインされたカードが現れます。
最後は本物のコインが出現します。

●星座当て・1
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、トップのカードを見て覚えてもらいます。
覚えたら好きなところに戻して混ぜてもらいます。
マジシャンはこの状態で選んだカードを言い当ててしまいます。

●星座当て・2
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、観客に自分の星座のカードを取ってもらいます。
残りのカードはテーブルにだしてケースにしまいます。
マジシャンはこの状態で選んだカードを言い当ててしまいます。

●星座当て・3
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、自由に1枚のカードを選んでもらいます。
マジシャンはすぐに選んだカードを言い当ててしまいます。

●星座当て・4
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、観客に3つの山に分けてもらいます。
マジシャンは3つの山のトップカードを全て言い当ててしまいます。

●星座当て・5
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、自由に1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードは好きな所に戻してもらいます。
マジシャンはこの状態で選んだカードを言い当ててしまいます。

●星座当て・6
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、自由に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを戻したら観客自身にシャッフルしてもらいます。
マジシャンはこの状態で選んだカードを言い当ててしまいます。

●星座当て・7
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、自由に1枚のカードを選んでもらいます。
カードを戻したらカードを確認してすぐに選んだカードを言い当ててしまいます。

●星座当て・8
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
カードを混ぜてから、花占いの要領で1枚のカードを選んでもらいます。
マジシャンは即座に残った1枚のカードを言い当ててしまいます。

●星座の予言・1
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
まず予言が入った封筒をテーブルに出します。
観客にカードを好きなだけ混ぜてもらいテーブルに置いてもらいます。
トップカードを見ると予言と一致しています。

●星座の予言・2
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
まず予言が入った封筒をテーブルに出します。
観客に自由に1枚のカードを選んでもらいます。
封筒の中から予言を取り出すと、選んだカードと一致しています。

●星座の予言・3
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
まず予言が入った封筒をテーブルに出します。
観客にカードを好きなだけ混ぜてもらいテーブルに置いてもらいます。
マジシャンと観客でカードを1枚まで減らしていきます。
残った最後の1枚のカードが予言されています。

●星座の予言・4
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
まず予言が入った封筒をテーブルに出します。
カードを混ぜてから、花占いの要領で1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードが完璧に予言されています。

●魔法の星座
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
テーブルに並べます。
そして、適当にカードを表と裏にしていきます。
そして、観客の指示で絨毯のように畳んでいきます。
すると、全てのカードの向きが揃ってしまいます。

●魔法の星座当て
12枚の星座のイラストが描かれたカードを使います。
観客に全く自由に1枚のカードを選んでもらいます。
選んだカードは戻してもらいカードを混ぜます。
12枚のカードをテーブルに並べます。
そして、適当にカードを表と裏にしていきます。
そして、観客の指示で絨毯のように畳んでいきます。
すると、全てのカードの向きが揃ってしまいます。
しかし、1枚だけ揃っていないカードがあります。
これが、観客の選んだカードです。

●星座の一致
8枚の星座のカードを使います。
2組に分けて、それぞれ表と裏で好きなように混ぜてもらいます。
しかし、カードはそれぞれ完全なペアになってしまいます。

■商品内容・・・ギャフデック、3枚組の解説DVD
※デックの裏の色ががございます。
※手順によって、別途レギュラーデック、一般的なトリックカードなどが必要になります。
※完全な特殊印刷のため、若干の印刷のムラ、ズレなどはご了承の上、ご購入下さい。