お問い合わせ:084-972-5504 銀行振込 代金振替 郵便振替 クレジット 発送は年中無休!
EZ-ダブルショック ルーティン byヒロサカイ

EZ-ダブルショック ルーティン byヒロサカイ

2,750(税込)
製造元: mML

100ポイント獲得!

数量

「ダブルショック」が易しく演じられ、さらに、一連の手順に!
ヒロ・サカイ氏の若き頃のアイデア!
原案も解説の充実の1枚!

ショートレクチャーシリーズに、あのヒロ・サカイ氏が参戦!
短い中にも凝縮された珠玉のアイデアをお届けしているショートレクチャーシリーズ。
ふじいあきら氏による大好評のシリーズ1~5に続き、今回発売のシリーズでは、ヒロ・サカイ氏の作品コレクションをお届けします。

デックの中ほどから適当に抜き出されたランダムなカード4枚。
表を見ると、当然カードはバラバラですが、伏せておまじないをかけると、なぜかいきなり、4枚のキングに変化!
これだけでも結構なショックですが、さらに…
もう一度伏せて配ると、今度は4枚のエースに変化しているではありませんか!
二重の変化、まさに「ダブルショック」というわけです。

さらにマジックは続きます。
4枚のエースをあらため、上下の2枚を裏向きにすると、なぜか4枚とも裏向きになってしまいます。
といったツイスト現象のマジックの後、最後に、裏向きの状態の4枚のエースをデックの中央にカットインして、デックを広げると、なぜか4枚のエースは、裏向きのデックの中央に4枚ともすべて表向きにひっくり返って現れます。
奇麗で鮮やかなクライマックスです。

前段は、有名な片倉雄一氏のダブルショックの現象であり、見た目の現象的にはほぼそのまま踏襲・再現しているのですが、トリック的には、ヒロ・サカイ氏独自の構成と方法によるもので、原案とは原理が違う別作品と言ってよいでしょう。

後段は、「ジャクロバット」というDavid Britland氏の手順を利用しています。
前段で利用したタネをエコロジカルに活用することで、このようにつなげて演じられる、という点がサカイ氏のアイデアです。

契機としては、サカイ氏が学生時代に、ダブルショック(原案)を演じたかったが、当時は「難しくてできない」ということで、窮余の一策として考え、編み出した手順、とのことです。
原案とは異なり、ちょっと余分なものを使用するのですが、セットも、よりシンプルとなった上、難易度としてはだいぶ易しくなっています。
比較的どなたでも演じやすくて、効果としては原案とさほど変わらないという、まさにEZ(イージー)バージョンで、同様の悩みをかかえていらっしゃった方には福音となるでしょう。

さらに、その後(ある意味、当然ではありますが)サカイ氏も練習をされた結果、原案通りのハンドリングも問題なく演じられるようになった、ということで、めでたしめでたし、という話の流れでございます。
なんと今回は、氏のご厚意に甘え、その原案「ダブルショック」も併せて解説していただいております。
こちらも大注目です。

ヒロ・サカイ氏をご存じない方はよもやいらっしゃらないでしょう。
言わずと知れた日本を代表するマジシャンの1人で、プロとして、いくつかの変名・キャラクターも使い分けながら
TVのスターマジシャンとしても活躍、一方パフォーマーのみならずクリエーターとしても有名で、若い頃から
レクチャーノートや書籍も数多く出されています。
日本よりもむしろ世界で作品を発表されていて、世界的にも有名なのです。
つい最近(2020/9)東京堂出版より書籍「ヒロ・サカイ マジック・コレクション」(カズ・カタヤマ著)も出ました。
構想10年の大作です。
興味のある方はぜひチェックしてください。
世界のマジックコンベンションやコンテストなどでも活躍。
もちろん、単なる参加者ではなくゲストとしてであり、コンテスタントではなく「審査員」側としてです。

本作との絡みでいうと、ヒロ・サカイ氏はダブルショックの考案者である故・片倉雄一氏とも生前親交があり、マジックを直接習ったりもされていたと思うので、ダブルショックファンの方は必見だと思います。

易しくなった上に、手順的に膨らませてより豊饒なルーティーンとなったサカイ氏バージョンで、ぜひお楽しみください。

■商品内容・・・DVD